持病悪化により更新停滞ぎみです。

田舎暮らしって実際のところどうなの?メリットとデメリットをまとめてみました、虫問題に環境問題など意外と大変なんですよ。

水田が一面に広がる光景生活・文化
この記事は約8分で読めます。
藤

こんにちは、元々田舎に住んでた藤です。
今回は憧れの田舎暮らしについて語っていこうと思います。

藤

そういえばくま夫も田舎暮らしだったよね?
山の中の民族、もとい野生動物だったっけ?

くま夫
くま夫

誰がじゃ!人間や!
しかも民族ちゃうし!
まぁでもかなりの田舎で暮らしてたね。

藤

それじゃあ、くま夫にもインタビューするから協力よろしくね

くま夫
くま夫

おう

田舎暮らしのメリットとデメリットについて

【田舎暮らしのメリット】

  • 自然豊かな環境
  • 家賃がとにかく安い
  • 駐車場が広い、もしくは無料でついてくる
  • 通勤時の渋滞がほとんどない
  • 人との繋がりが増える
  • 騒音が無く静か
  • 空気や夜空が綺麗
  • 新鮮な野菜や魚介が安く買える
  • 移住支援制度を受けれる場合がある

スポンサーリンク

自然豊かな環境


言うまでもなく人工的に作られた自然ではなく、天然の自然が豊富です。
松ぼっくりやドングリ、冬から春にかけてであればフキノトウに菊の花やつくしなど、自然の恵みが多いのも田舎特有のメリットです。

また、小川が近くに流れている地域では釣りや川遊びなど自然の遊びも出来てとても癒される環境です。

家賃がとにかく安い


田舎と言えば、広大な土地と物件が余っているのが現状です。
どうしても若い方は都会に出て行ってしまうので、空き家の数が多く人口も少ない為、都会では考えられない安さで賃貸契約や購入する事が可能なのです。

私が田舎の地元に住んでた頃、賃貸物件の4LDKで家賃5万円でした。
しかも庭付きで駐車場は無料という好条件。
今思うと、本当に惜しいことをしたなと思います、上京してから家賃の高さに驚愕した事が懐かしいです。

駐車場が広い、もしくは無料でついてくる


勿論すべての物件がそうとは言いませんが、中には結構な数の好条件物件が空き家で出ていて、実質駐車場無料の物件や、庭が広いのでそこを駐車場にしていいという事で結果無料になるケースがかなりあります。

通勤時の渋滞がほとんどない


これも田舎特有のメリットですね、基本的に土地が広い(余ってる)のと、距離を短くするためのバイパス線が何気に豊富だったり、人口の少なさによる恩恵で渋滞がほとんどないのが魅力的です。

人との繋がりが増える


特定の人達との交流が増えるのが田舎のあるあるですね。
地元であれば親戚であったり、移住であっても、周囲のご近所さんぐらいしか人が居ないという事もあるので、必然と繋がりが増えていきます。

騒音が無く静か


住む環境によってはケースバイケースですが、人の声など、他人の生活音などほとんど聞こえないくらい静かなところがあります。
車の走行音であったり、ビルの建築や解体音など、まず聞く機会が少ないのが特徴です。
都会の喧騒を忘れてゆっくりした時間を費やせるのも魅力のひとつですね。

空気や夜空が綺麗


車やビル、工場などの人工物が少なければ少ないほど空気が澄み渡っていて本当においしい空気を感じれます。
一番のポイントは夜空の星の綺麗さです。
スモッグが無いのでこんなに星が出てたのかと驚かれるかと思います。

私も子供の頃はよく裏山に上って望遠鏡で夜空を見上げてました。
上京して夜空を見た時は、都会は星が全然見えないんだなと痛感しましたね。

新鮮な野菜や魚介が安く買える


田舎と言えば、家庭菜園や農家さんの本場ともいえる場所な訳です。
その為、スーパーなどには個人で契約している農家さんの売り場であったり、産地直送の商品が並んでいたりと、魅力的なメリットがあります。
しかも、供給が追い付いてるので、値段もかなりお手頃価格で購入する事ができたりとかなりおすすめなポイントです。

またお隣同志、家庭菜園を行っている方が多い場合、お裾分けで野菜を貰える事も普通にあるので、人情味を感じながら家計も助かるという嬉しさもあります。

移住支援制度を受けれる場合がある


移住先の地域によっては住民募集中の所や、農家募集中の所もあります。
この場合、移住支援を受ける事が出来るほか、農業支援制度などもありますので、もし田舎暮らしで農業をやりたいと思われてる場合は、こういった制度を導入している地域を探すのもいいかもしれませんね。

【田舎暮らしのデメリット】

  • 田舎特有の虫問題
  • 築年数の古い物件の場合、リフォーム代や住みにくさがある
  • 公共交通含め交通の便が悪い
  • 人との繋がりが濃い為、噂が広まるのが早い
  • 治安の問題点
  • 病院が少ない
  • 仕事の業種が偏りがちで思いのほか仕事が無い
  • 遊ぶ所や買い物スポットが少ない
  • インターネットの回線環境設備が整っていない

田舎特有の虫問題


豊な自然が多いと言う事は、それだけも沢山いるという事です。
都会ではめったに見かけないような昆虫であったり、スズメバチの巨大な巣であったり、場合によっては虫以外のヘビであったり、イタチや猪などの害獣被害も考えられます。
静かな環境とは言え、あくまで人工的な音が無いだけで、夏場のセミの声やウシガエルの声は人によってはトラウマになるほど煩いので注意が必要です。

当時私が住んでいた物件の屋根裏にイタチが侵入し、糞尿をされた為ものすごい悪臭と掃除で大変な思いをした記憶があります。
業者にも連絡をして生け捕りにして貰い、侵入口と思われる通気口を目の細かい網で塞ぐなどの対策で以降被害にあう事はありませんでしたが、こういった懸念点も考えられます。

築年数の古い物件の場合、リフォーム代や住みにくさがある


物件を安く購入できても、実際住んでみると床が傷んでいたり、昔の基準で作られた低い台所だったり、雨漏りや瓦(屋根)の破損や外観の破損などに後から気付くケースがあります。

この場合、結果的にリフォーム代でお金がかかってしまい、損得が逆になる場合もあるので、購入する場合は慎重に内見するのが大切になってきます。

基本的に田舎の物件は空き家状態で残っている物件が多い為、老朽化してる可能性も高く、そもそも築年数が古いタイプの物件の場合、耐震補強が昔のままのケースもあるので注意が必要です。

公共交通含め交通の便が悪い


渋滞が無いのはメリットのひとつですが、そもそも人口が少ない地域の場合、それだけ公共交通機関の頻度が少なく、バスが1時間に1本しかない場合もあります。

近場にスーパーや病院が無ければ、必然と車を持っていないと外出が困難になります。
また、車で移動する距離が長ければそれだけ燃料を消費するので、燃料費が都会にいる時と比べると2~4倍ほど高くなる可能性があります。

人との繋がりが濃い為、噂が広まるのが早い


人口密度が少ない為、ご近所付き合いが濃厚になっていくのは否めません。
また、周辺の方はほとんど顔見知りのような状況になるので、何か悪い噂がたってしまうとあれよあれよと周囲に噂が飛び火してしまい、ご近所付き合いの問題に発展する可能性もあります。

治安の問題点


静かな環境を夢見ていても、場所によっては暴走族などのバイク音など、人が居ないと思って野生動物が畑を荒らしにくるなど、何かしらの騒音がある場合があります。
また、田舎は夜道が暗いところが多いので、治安が悪いと犯罪に巻き込まれる可能性も出てきます。
物件を探す際は、周囲の治安も考慮して選ぶのがよいでしょう。

病院が少ない


一番のネックはやはり病院の数と距離です。
都会であれば内科だけでも5~10箇所近場にありますが、田舎はそんなに数があるとは限りません。
私が住んでいた地域では車で30分かかる所に総合病院があり、内科は同じく30分ほどかかる場所に1箇所しかありませんでした。

いざという時に、病院が近くにないのは死活問題ですし、何より不安ですよね。
しっかりと周辺の病院の位置を確認して物件を選ぶ事をおすすめします。

仕事の業種が偏りがちで思いのほか仕事が無い


土地が広いという事もあり、基本的に工場や農業関連の仕事が多いです。
後は高齢の方が多い為、介護職の求人はよくみかけます。

私が住んでいた地域では、事務職などのデスクワーク系の仕事や営業職などの求人数が著しく少ない傾向がありました。

基本的には工場勤務が多く、次に介護職が多かったです。
このように、済む地域によっては仕事の業種が偏りがちな事があるので、事前にどんな求人があるか調べてみるといいと思います。

もちろん、在宅ワークで生計を立ててる人は心配無用な点ではあります。

遊ぶ所や買い物スポットが少ない


最寄りのスーパーまで車で15分~30分などの立地が基本的に多いです。
近場に色々な商業施設が密集してる田舎もありますので一概には言えませんが、田舎度合が大きければそれだけ近くに娯楽施設などが無い場合もありますので、流行りの遊びや買い物をしたくても中々難しいのがデメリットですね。

インターネットの回線環境設備が整っていない


田舎の場合、今主流の光回線などの環境が整っていない場所が存在します。
また、電波自体が入りづらいなどの地域も存在します。
この場合、在宅ワークをメインにしている場合は、死活問題になるので、事前に調査しておくのがいいですね。

【まとめ】

メリットとデメリットで考えると紙一重な面が多々あるのが田舎暮らしです。
移住を考えてる方はまず初めに下準備として、その地域に旅行に行くのもいいと思います。
さらに、その時に希望する環境設備があるのか、施設や病院などのチェック、老後も安心して暮らしていけるのかなど、事前に調査されるのがよいでしょう。

藤

いかがでしょうか?
憧れの田舎暮らしというのも一長一短ですよね。
私は都会の中で田舎暮らしをしたいですね(謎)

くま夫
くま夫

?都会の中で田舎暮らしって・・・
広い豪邸じゃないと無理だなw

藤

最悪家庭菜園が出来る庭付きの一軒家か平屋でいいよ。
まぁ宝くじでも当たらないと無理だけどね・・。

藤

くま夫、改めて田舎暮らしのあるあるインタビュー協力ありがとね。
皆さんも実際に田舎暮らしして、困った事などありましたら是非教えていただきたいです。

くま夫
くま夫

皆さんよろしくお願いいたします。

   にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました